患者さんにも施術士にも優しい整体:研究会概要 | FS整体

研究会概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FS整体研究会は、「基本養成講座」「マスターコース」を
受講され、習得された方が任意で入会できる研究会です。

もみ返しを始め、施術による痛みを我慢しながら治療に通う人達に
痛みのない、身体への負担が一切ない「FS整体」を一人でも多くの人に
知ってもらい、全ての人が健康で活発な生活を送れる世の中を創る

をミッションに発足しました。

今、整体、接骨、鍼灸、カイロ…などが乱立し、ありとあらゆる施術やグッズなど
健康に関する様々な情報が入り乱れています。

ですので、切実な痛みに苦しむ患者さんは、何を信じていいのか
迷ってしまい、本当に受けなければいけない施術がわかっていません。

「整体」だけで検索しても、約3000万件もヒットし、整体院、施術法など
ありえないほどの情報で溢れかえっています。

その全てが有効かどうかわかりませんが、未熟な施術者がそれを行い
揉み返しや怪我、さらなる症状の悪化を招く事例があとを絶ちません。

整体の一部である”揉みほぐし”はもちろん、国家資格を持っている資格者であっても
コリや痛みに対して、その行為を重点的に行っていたりします。

患部を揉みほぐすだけでも決して良いとは言えない行為なのに、
更に力でねじったり、押しつけたりする施術を行っている院も多くあります。

このような患部に対しての「対処療法」は、傷口を開く行為と一緒なので
本当はしない方が良いのです。

私からすると、痛みに堪えながら施術を受けるなんて言語道断です。

実は私も、痛みに堪えながら施術を受けていた経験があるので、
患者さんが「痛みを我慢しなければ良くならない」と思う気持ちはわかります。

しかし、本当は他にもっと良い施術法があるのですが、世間一般に浸透している
常識により、多くの患者さんが「根本的に症状を改善」する施術法があることに
気づかない、もしくは受け入れられません。

「FS整体は自由な発想」⇒ フリースタイルというコンセプトを元に生まれました。

施術者である、あなたや私が、今まで思い込んでいた固定概念を払拭して、

「自分を信じる」
「答えは自分が知っている」
「自分の身体・心は変われる」

という思考を手に入れて、症状を改善できる施術法を知らない患者さん
どこに向えばいいのかわからない患者さんに手を差し伸べる。

なのですが、私たちが思っている以上に、水面下で悩み苦しむ人
多くいらっしゃいます。

その人たちにも、「FS整体」で笑顔になっていただきたいのですが
本音を言いますと、まだまだ、私一人のチカラではできることが限られています。

だから、この「FS整体研究会」のメンバー全員と、さらにはあなたと一丸となって
一人でも多くの方に「FS整体メソッド」で施術することできれば…

日本中の患者さんに、健康で活発な毎日をお届けできると、心の底から信じています。

以上、長くなりましたが、これが「FS整体研究会」の礎となる理念です。

                               研究会主宰  上原 考一

btn-mg


運営業務、顧問相談役

ふくもと行政書士事務所 行政書士 福本 学(ふくもと まなぶ)

1974年(昭和49年)高知県生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。
15歳のとき、祖父が亡くなり相続問題発生するも、 祖父が遺言書を書いてくれていたおかげで争いは泥沼にならずに解決。
大学在学中、 父の経営する会社が倒産。この時に抱えた債務問題は父が亡くなる直前でやっと解決。
債務問題を抱えたままの相続がどれだけ不安なのかを自分自身で経験。このような経験から、誰にでも当たり前の日常生活を脅かす危険が潜んでいること、日頃の準備の有無が残された家族の人生を大きく左右することを痛感。
「相続で悩んでいる方の力になりたい」「遺言の大切さを伝えたい」との思いから独立開業。
現在は、成年後見・遺言・相続業務に加え、事業計画書作成サポートなどを通じ独立開業支援・企業支援にも力を入れている。
「とことんまでお話をうかがい、お客様に寄り添う」をモットーに業務に臨んでいる。
FS整体とは2015年に紹介によって繋がった。自身が施術を受けた時、短時間で圧倒的な変化を感じたことによりFS整体のファンになる。
その後、一人でも多くFS整体を知る人を全国に増やしたいと思い、FS整体の薬事法、法律業務相談役としてサポートをしている。


マーケティング統括、研究会相談役

辻井 公明

1976年年奈良県生生まれ。
大学卒業後からシステムエンジニアとして15年年間働く。
可もなく不可もなくといった特長の無い15年年を過ごすが、漠然とした将来への不安から新しいスキルが欲しくなる。
そんな時、ある青年起業家と出会いコピーライティングというスキルを教わる。
システムエンジニア時代から『どうすればお客様にわかりやすく伝えられるか?』悩んでいた事もあり、『目に見えない物の価値をお客様に届けること』が自分の使命だと感じ、セールスコピーライターとして独立する。
現在はコピーライティングのスキルを武器に接骨院や整体師のチラシ、Webサイトなどの集客サポートを行い、結果を出し続けている。
また、「地元の素晴らしい商品を広めたい」といった想いから、地元水水産店のメルマガ代筆を行い、月間1.4倍の売上アップを達成するなど、地方から全国へ向けて良い商品を発信することを目指し活動している。
あるセミナーにて立ったままFS整体の施術を受け、身体の疲れが落ちるようにとれたことに驚く。
それがきっかけで、全国にFS整体を広めるべく研究会のマーケティングなどを手伝っている。